健康を自己管理する方法 海外で痛くなってしまったら。

 腰痛や膝痛、股関節痛など身体の痛みはとてもつらい物です。 私も20代からぎっくり腰を経験していますから、そのつらさは良く分かっています。 お客様でこのように痛みを強く感じていらっしゃる方の中には、「旅行には行きたいけど、行った先で痛くなったりしたら、自分もつらいし、一緒に行った家族や友人に迷惑をかけてしまうから、旅行にはもう行けないわね~」などと言われる方も少なくありません。 確かに、痛くなったらせっかくの旅行の楽しさも半減でしょうから、そのお気持ちは分かります。 しかし、礒谷療法では股関節の角度を自己管理する方法がしっかりと確立されていますから、そのような方にも「体操などご自分でやって頂く事も有る礒谷療法ですから、旅行を目標のための人参として使ってください」とお話しいたしております。 慢性化してしまった症状の場合、矯正だけお受けいただき痛みが消えると言う事はなかなか有りません。 例えば、椎間板ヘルニア、変形性股関節症、長い間の膝の痛み、などは筋肉の強さや弱さ、緊張弛緩のアンバランスな状態が顕著ですから、弱い筋肉は鍛える必要があるのです。 礒谷療法はそのために簡単で確実な生活する上での指針をご指導させていただくことが出来ます。 ただ、その場で矯正しておしまいではなく、その瞬間からその痛みの無い状態をどのようにして維持していくかが問題なのです。 ですから、海外旅行でさえ安心して行けるようになるのです。
 また海外旅行中は、交感神経が優位になっているせいか、アドレナリンが出るせいか、気が紛れているせいか、気圧、湿度、温度など天候の関係か、多くの方が「心配するほどじゃなかった」とおっしゃいます。 「イギリスに居る方が、日本にいるより膝の調子がいい見たい」と言われた90過ぎのご婦人も以前いらっしゃり、我々の方が驚いてしまいました。 しかしまたその中の多くの方が「帰ってきてからガクッと来た」と言われます。
 いつもより多く歩いたり、乗り物に長く乗っていたりがこたえるのだと思います。 しかし、旅行中も熱心に体操などの管理をやられた方は帰国後もわりといつもと変わらないと言われます。 痛みやご病気で大好きなご旅行を我慢されてる方は、ぜひ礒谷療法を実践していただき、また旅行でもなんでも楽しめるようになって頂きたいと思いますので、是非ご相談ください。  礒谷療法の健康管理システムがきっとお役にたちます。  

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中