障害のある子もない子も、アートに触れる機会を。 第4回 豆本

スライドショーには JavaScript が必要です。


 西荻窪にある、知的障害者の作業所の作品を扱われている、マジェルカさんにご紹介いただいた、豆本作家の植村さんをお招きして、豆本ワークショップをさる3月22日に開催いたしました。 私の長女のゆっくりチャン(発達障害がある、中2の子)と、その友人。 また、次女の友人の計6名での会となりました。 この回の趣旨は、障害のある子もない子も、なるべくたくさんアートに触れる機会を作り、その子の適性が何に向いているかを知ることと、障害のある子もない子も共に学び、それぞれが色々なことを感じる事が出来るような場を作りたいし、また子供たちには楽しんでもらいたいのです。 
 当日は先生の豆本の見本をみて「これも作りたーい+すごいかわいい」とわくわくしながらスタート。まず少し厚めの紙をカットしてアルバムのページの部分を山折りに折っていきます。次にボール紙2mmをカットしはめ込み部分をカットしてから表紙となる布の裏に裏打ちシールを貼りアルバムサイズにする。
布にボール紙をボンドで貼りこみ天地左右の順に四方を包みます。クリップでとめておいた本文の小口をカットし溝の部分にボンドをぬり本文とあわせて
溝をよくこすります。見返しの部分を貼り、表紙に好きなシールを貼り完成。みんなとってもかわいいアルバム豆本が完成しました。うちの子はプリクラシールアルバムとして使っています。 

広告

障害のある子もない子も、アートに触れる機会を。 第4回 豆本」への2件のフィードバック

  1. コメントいいですか。
    ヨンネの植村です。
    みんながかわいくて、私も楽しませていただきました。
    次は和本の豆本かなあ、というところですね。
    夏休み!予定で、、待ち遠しいような羨ましいような。

    いいね

  2. コメントありがとうございました。 子供たちも大喜びのワークショップでしたね。
     本当にありがとうございました。 夏休み待ち遠しいですね。
    次回是非和綴じ本で。 だんだんと難しくして頂き、子供たちを本の魅力の
    トリコにしましょう。 よろしくお願いいたします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中