Q&A 脚を組むと体は歪む?

 もちろん、歪みます。 昔NHKで、CGを使ってどういう風に歪むかと言うのをやっておりましたが、正確な数字は失念いたしましたが、脚を組んだら、骨盤が10度位歪み、さらにその上の背骨が数度歪むと言っていたように記憶しています。 前々回から『骨盤~』(結構残念な本なので書名は控えます)と言う本を読まれたクライアントの方の混乱に対してのご説明となっております。 この本によると「脚を組むと言う行為は、骨盤の水平を保ち、左右のバランスを整える無意識の行為で、歪んでいる人ほど脚を組みたがる」という説明になっています。 左右のバランスに注意を向けてる方は、バランスを取るように脚を組まれるかもわかりませんが、そういう方は無意識の方より全然少ないと思います。 前回のスカートの回る方向チェックと同じように、椅子に何気なく座った時に前に出ている方の脚が、脚を組みやすい脚になります。 礒谷療法では、足の長い脚が一般的にこの足になります。 それは、礒谷の理論では、脚が長い=股関節の外への転位が短い脚に比べて大きい(外転)=骨盤の後方転位と、外側の前方方向への起き上がり と言う公式が有りますが、これにもやはり例外はあります。 例えば私ですが、私はもともと左足が長いタイプのO脚ですが、子供のころ私の姿勢の悪さを心配した両親の勧めで小学生の間剣道を習ったのです。 剣道は構えが常に右足が前になるために、右の骨盤が前に出る癖が非常に強いのです。 ですから、骨盤は左が高くなり=骨盤後傾、外側の起き上がりは右が前方にと言う、イレギュラーな形になっています。 ですから、左足が長く、重心は右に掛かりやすいにもかかわらず、脚は右足を上に組んだ方が楽でした。(過去形ですよ、今は組まない方が楽ですから) このように、スポーツや、その症状による筋肉の偏りが長期に渡り身体がその状態、特に痛みから逃げようとすると身体の歪みは深く、複雑になっていきます。 ですから、脚組は骨盤の水平を作ると言う事は?ですね。 
 筋肉のクセなりで脚を組んで、歪みを助長していると言う事だと思います。 ついでに、寝相に関しても良く「寝相は起きている間の身体の歪みを寝ている間に修正するものだ」と言う意見を聞きますが、これも礒谷の紐縛りをしてみると、かなり?です。 私は自分の身体でいろいろ試しますが、やはり紐で縛って寝た方が翌朝の快適さが全然違うのを体感します。 疲れも取れやすいし、眠りが深く、脚も暖かです。 腰の軽いだるさなんかも、取れてしまう事が多いです。 脚を縛って、脚を組まないのが楽な身体を作りましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中