Q&A 歩くときには膝曲げない方がいいの?

 前回と同じ本『骨盤の~』の中に合った説明では、「歩行時に膝を曲げながら歩いてしまうと、身体の上下動が大きくなってしまい、歩くための歩くための重心移動の方向が進行方向から上下方向に逃げてしまうため、非効率になってしまう。 さらに、膝が内に入ってしまいやすくなる」と、膝を曲げない理由が説明されています。 まず、この歩き方で歩いてみると、股関節が硬く固められているような、窮屈さを感じ、着地した時の衝撃が股関節にダイレクトに響く感じもあります。 さらに、違和感を覚えるのは身体の全体性が喪失して、身体が右と左に分かれてしまうように感じます。 武道などでも身体を割る、と言う事が有りますが、それは割る事も出来る柔軟性や感覚の鋭敏性を求めるもので、基本はいかに身体を1つの物としてコントロールできるかと言う事が求められているのだと理解出来ますから、割りっぱなしでバラバラではまずいと感じます。 また、野口体操の野口三千三先生がおっしゃられているような、泳ぐように歩くという全体性からもかけ離れてしまうと感じるのです。 着地した時に膝のクッションをたくさん効かせた歩き方と言うのは必要ではないと思いますが、アフリカ系の方の歩き方は後ろから見ると膝が柔らかく使われていて、リズミカルで見ていても「かっこいい~」と思いませんか? 彼らの歩きは、1歩出る時に腿からぐいっと前に引っ張られるように出ていくように見えます。 それは、強靭な腸腰筋や、大腿部の筋肉のなせる業だと思います。 まさに野口先生の言われた泳ぐような身体の使い方にも、踊っているようにも見えます。 初動負荷理論の小山裕史先生は、歩きだしの地面から離れた脚(遊脚)は、膝を軽く曲げて、内旋させて、真っ直ぐに着地すると言う風に説明されています。 これは、解剖学的にらせんに付着している筋肉に余分な負担を掛けさせないための自然な運動理論だと思います。 (それこそがイチロー選手をして『運動すればするほど身体が柔らかくなる」と驚かせた理論なのです。 ですから、膝が内に入ってはいけないと言うのは、あくまでも着地の時の話になるのです。 そしてそれは、股関節の筋肉の癖が自然な内旋以上に内旋させているのなら、その部分に関しては、意識的にズーットコントロールしていくのは無理が有ります。 ですから、股関節周りの筋肉の状態は常にニュートラルにする必要が有り、そのための理論が礒谷療法にはあるのです。 矯正により股関節の角度を調整し、骨に付着している筋肉を、バランスの取れた状態にし、考えなくてもきちんと歩けると言う状態を作ってしまうのです。 それには、ご自分の筋肉の状態をきちんと理解し、運動やトレーニングを行う必要が有るのです。    

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中