Q &A スカートが右に回るのはどうして?

 私のクライアントの女性が、本屋さんで平積みになっている、はやりの「骨盤~」と言う本を買われて、その本の副題が『スカートが右に回るのはなぜ?』となっいるのですが、本を読むと私の説明と色々な違いが有るために、何が正しいのか混乱してしまったので、その質問への回答となります。 まずこの本では、著者の方のクライアントの80%の方のスカートが右に回るとあり、その理由は、骨盤の立体的な歪みにより腰が右に回旋しやすくなるので、この歪みが繰り返されるとスカートが右に回ると説明されています。 まず、目を通したここまでなのですが、礒谷療法でも昔からスカートやズボンがまわることの説明はされています。 骨盤の歪みは股関節から起こると言うのが礒谷公良先生の大発見ですが、そのメカニズムは①股関節が開くと骨盤は後方に倒れる ②股関節が閉じると骨盤は前方に起きてくる そして、股関節が開くと骨盤を押し上げて、その側の脚が長くなる(これを仮性延長と言います)これに捻じれとして、内旋、外旋が加わるのです。  骨盤の後方転位とは、正面から見て骨盤が後ろの方に行く事ですが、これが長い脚側に起こり、さらにサイドの部分は前方に立ち上がってくるのです。 そして、長い脚側では、特に短い脚側に比べてこの後方転位が強く表れるためにサイドの部分がより前方に起き上がってきて、その骨盤の形状などにより、スカートは短い脚側に回っていってしまうのです。少々説明が分かりずらいですね、でもこの本と礒谷との骨盤の転位の説明は明らかに違います。 (どちらが正しいかとかは、ここでいってもしょうがないので、実績などで判断していただくのがよいでしょう)  ともあれ、これをご自分で確認する方法が色々有りますから確認してみて下さい。 ①椅子に何気で座り、膝のどちらが前に出ているか?(引っ込んでる方にスカートは回る) ②目を閉じてその場足踏みを30歩ぐらいやり、目を開けたときに身体が左右どちらに向いてるか?(身体が向いてる方にスカートは回る) ③休めの姿勢でどちらの足に体重が掛かるか?(体重が掛かる方に回る) ④後ろを振り向くときに左右どちらから振り返る?(振り向く方に回る) 礒谷先生は、その膨大な臨床例から、左足が長い方の方が多いと統計を出されています。 数字的にはやはり80%位です。 そしてこれは、やはり右利きの方の方が多いことに関係していると言われていたように記憶しております。 つまり、左足が長いとは、スカートは右に回ると言う事になります。 しかしこの本からは、色々な質問が飛び出してきそうです。 私も勉強しながら質問に、お答えしていきたいと思っています。 質問などもありましたらドシドシお寄せください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中