月別アーカイブ: 7月 2011

猫背、どこまで進むの?

 猫背、しつこく書いていこうと思っています。 意外と猫背に対する認識が甘いと感じているからです。 猫背は単に美容の問題だけではなく、あらゆる病気お遠因にもなりますし、誰にでも起こりうる問題だからです。 猫背は礒谷療法ではO脚だから骨盤が後ろに倒れてそのつながりで背骨が後ろにたわむことによって、発生すると言っております。 例えば農作業などを見てみますと、まずクワやスコップなどの道具を使うときには脚を踏ん張り外股に使うことが多いと思います。 続きを読む

広告

猫背、いい姿勢?

 恥ずかしながら私も猫背です。 これは子供のころからで、小学生の時には心配した母に剣道を習わせられました。 しかし、今にして思えば当然ですがいくら背骨を伸ばせと言われても、背中に竹刀を突っ込まれても、その瞬間だけで直ぐに背骨は丸くなってしまいます。 これは骨盤、股関節周辺の筋肉がO脚の緊張を作っているから、それらの大きい筋肉に引っ張られて、背骨は丸まってしまうのですから骨盤、股関節の有り様を変えなければ背骨だけ真っ直ぐに等なる訳有りませんし、もしなってるなら、さらにたちの悪い状態であると言わざるを得ません。 続きを読む

へバーデン結節・ブシャール結節等指のトラブルと股関節

 指の第一関節に出来る結節を、へバーデン結節、第二関節に出来る結節をプジャール結節と呼びます。 症状は発症当初は、赤く腫れてズキズキ痛んだりしながら、だんだんと関節が変形していき、その関節が曲がって、動く範囲が狭まったりします。 発症された方はみなさん最初はリュウマチかと思いあわてて検査をし、お医者様から結節である旨を告げられるみたいです。 続きを読む

家庭菜園、ガーデニング、草むしり等と腰痛

 少し時期がずれましたが、梅雨の時期前後は草むしり、草刈から腰痛を起こされる方が多くいらっしゃいます。 これは中腰の姿勢が股関節の転位に大いに関係しています。 中腰の姿勢は、股関節が外れないように股関節の周囲にある靭帯や太ももの裏側の筋肉が緩む事により股関節がずれやすい状態と言えるのです。 例えば、これは逆にうまくいった例ですが、ある男性の方が腰痛に悩まされていたのですが、たまたまその日がお子さんの幼稚園の父兄参観なので、腰をおさえおさえ見に行ったそうなのです。 続きを読む

ゴルフと股関節

 以前にも書きましたが、私が昔漢方の先生に言われた「スポーツは健康な人が楽しむリクリエーションで、健康になるためのものでは無い」と言われたことが、自分も最近切実に感じるようになってきました。 私はサッカーが大好きなので日曜日は大体若い子に混じり楽しんでおりますが、終わった後のメンテナンスを怠ると月曜につらい思いをします。 筋肉痛だけでなく、身体の歪みは、色々な形をとって現われます。 肩の凝り、腰痛、股関節痛、鬱的な気分、どれも身体の歪みからきています。 続きを読む

自転車通勤と腰痛

 震災後自転車で通勤する方がとても増えているようですね。 私がずいぶん以前にご相談を受けた方なのですが、趣味の自転車を2,3時間乗って自宅に帰られました。 さて汗でも流そうと立ったままスパッツ様の体にフィットして脱ぎずらいパンツを脱いでいる時に、『ぐりっ』っと腰のあたりに嫌な感じがしたそうです。 それでもその時は腰に鈍い痛みを少し感じる程度だったので、ほっておくとだんだんと痛みがまし結局軽いぎっくり腰状態になり私のところへ相談に来られたのでした。 続きを読む

ピラティス・ヨガで身体の痛み?

 以前にご相談をいただいた中年女性のケースです。 健康のために近くに出来たスポーツジムに週に2,3回熱心に通われて、ピラティスやヨガのクラスにも出られてトレーニングに励まれていたそうです。 始めのうちはやはりそれまであまり熱心に運動をする方では無かった方なので、身体を動かすと代謝も良くなり、夜も安眠できいいことずくめだったそうです。 しかし2年ぐらい過ぎたあたりからだんだん体調がすぐれなくなってきてしまった、と言うご相談でした。 具体的には、食欲が無くなり、肋骨の下部が痛み、気力が出ない、気分が塞ぐ、などの症状です。 続きを読む