ぎっくり腰・腰痛 2

 さて、ぎっくり腰・腰痛1で当院での施術の方法などを簡単に説明させていただきましたが、腰が痛いときに皆様はどのように対処されてますでしょうか? 最近は消炎湿布薬で強力なものも薬屋さんで購入できますから、そうした物を貼られる方もいらっしゃると思います。 また、痛くても仕事はお休みできない、寝てばかりいられないとなると,重宝するのは、コルセットではないでしょうか? 痛い部位を固定してくれ、精神的にも安心感が有りますから、痛みがなくなっても何となく手放せなくなってる方が意外とたくさんいらっしゃいます。 しかし、長期にわたりコルセットを装着していると、腹筋,背筋なども使わなくなってしまい筋力が低下してしまうことによる、症状の長期化も考えられます。
 また、礒谷療法の考え方ですと重力に引っ張られて地球上に2足で立って生活していることから、土台である股関節が歪む事により骨盤が歪み、背骨が歪むという理屈になります。 ですから、股関節の角度を正常な状態にしなければ、歪みも痛みも起こるべくして起こっている状態と言えるので、その歪みをコルセットで締め付けてその部位に起こさせないと言う事は、歪みをそのほかの部位に回して、負担させているという状態な訳です。 もし腰にコルセットを長期で装着していると、その上の部分胸椎あたりにしわ寄せが集まり易くなると思います。
 ですから、いつまでもコルセットに頼らなくてもいいように股関節、骨盤をきっちり整えて、根本から問題を解決する事をお勧めいたします。 コルセットより紐縛りです。

広告

コメントは受け付けていません。