ゴルフ肘 テニス肘

 ゴルフ肘テニス肘も、根っこは一緒だと考えています。 それらのつらい症状の大本を考えたときに行き着くのは、股関節なのです。 と言うと、こじ付けでしょ、と思われるかもわかりませんが結局身体の中で、全てに影響を与えているが、股関節なのです。 スポーツをやられる方は、一般的には大体において股関節は外転、つまり外に開きやすい筋肉のクセ、緊張があります。
 その筋肉の緊張とは、骨盤の後ろ側、つまりお尻側の緊張なので、骨盤自体を後方に引っ張ってしまいます。 そして骨盤の後傾から猫背が始まり、前肩がその緊張の繋がりで現れてきます。 前肩になると言う事は、胸の筋肉が緊張により、肩関節が前に引っ張られた状態にあります。 ためしに、胸の筋肉、鎖骨の下の当たりを指の腹で軽く押しながら左右に動かしてみて気持ちいい、と言う以上に筋肉の張を感じたら、前肩の傾向があるかもわかりませんね。 (「気を付け」の姿勢をした時に、耳たぶの真下に肩先の真ん中が来ていれば、オッケーなのですが) とにかく、そうした股関節周辺の大きい筋肉の緊張及び筋膜の緊張により、肩関節に影響が及び、さらにそこから肘の筋肉、筋膜までが緊張して、肘の上下で捻じれた状態になっているのに、スイートスポットに対して、フラットに腕を降り出すことが、肘のトラブルの元凶と捉えております。(ですから、意外とテニスの場合サービスは大丈夫だけど、フォアハンドが痛いという方がいらっしゃいます)
 ですから、矯正は、肩関節のニュートラルな状態を作ることによって、ひじ関節の捻じれを取り除いていくという根本治療を行っていきます。 肘関節は膝や股関節の様に体重がいつも掛かっているという部位ではないので、そのメカニズムをよく理解し、簡単なルールを守って生活するだけでも、 ごく初期のトラブルでしたらかなり変化します。 又テニス肘、ゴルフ肘だけでなく肘の痛み全般にもこのルールはたいせつな基本です。
 まずは、ご相談して下さい。 

広告

コメントは受け付けていません。