インソール、靴の中敷き

インソールも色々な考え方で作成、装着されています。ただ、股関節のメカニズムとして高いところに片足、低いところにもう片足と置いて歩いてみると良くわかるのですが、高いところに置いた方の脚は、内に向きます。 股関節の転位で言うと内旋です。礒谷療法では内旋は脚を短くさせると考えますから、長い脚に短い脚の長さを合わせようと短い脚側にインソールを入れると短い脚はさらに短くなってしまいます。
以前、やはり変形性股関節症の女性が、「私は股関節症が発症しても、幸い痛みなく生活していました。しかし、年々脚の長短差が大きくなってしまい歩きずらくなってきたため、お医者様に相談したところ、靴の中敷きを勧められ、短い脚の靴にだけ2~3センチの厚みの物を入れて生活していたところ、さらに長短差が顕著になったので、又相談したところ「股関節症が進行しています。もっと厚みが必要ですね。」と言われ今度は4~5センチのものを装着すると、股関節がだんだん痛くなってきてしまいました。」と、言われました。
礒谷療法の考え方、股関節のメカニズムをご説明し、中敷きを外していただき、靴もなるべく癖のないフラットなものを、選んで頂き、矯正に2回ほどお通い頂きましたら、痛みはすっかり取れてしまいました。長短差を単純に埋めるための中敷きはですから、全く正反対の結果になりますからご注意ください。
又、側圧に偏りがあるものを矯正する目的で作られた中敷きも、あまりいっぺんに変えようとするとトラブルのもとになりますからご注意ください。当所では、中敷きなどは扱いませんが、ご相談に乗れることもあると思いますので是非ご相談ください。

広告

コメントは受け付けていません。