なぜ、骨盤矯正だけじゃだめなの?

 脚と骨盤をつないでいる所が股関節なのですが、骨盤矯正では、この股関節の矯正を行わず、背骨と骨盤との関係、骨盤そのものの歪みを仙腸関節と言う箇所の矯正のみ行う所がほとんどなのです。 しかし私たちは重力の影響の中で2本足で生活をするのですから、寝た姿勢での矯正で骨盤が水平になっても、背骨が真っ直ぐになっても、起き上がり立ち上がれば、元通りの歪みに戻ってしまうのです。 その証拠に、骨盤矯正を行う治療院で、「骨盤が高くなっている側の脚が短くなっていますよ。」と言われた経験はないでしょうか?
 脚が短いのに骨盤が高いって、変な感じがしませんか? 2本足で立っている時は、脚が長いから骨盤が押し上げられて高くなる、と考えた方が自然ではないでしょうか? ですから、当院では骨盤を調整するために股関節を調整するのです。 そうして、水平になった骨盤の上に載っている背骨は自然に真っ直ぐ、垂直になると言う訳なのです。 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中