患者様の声6  膝抱えで正座が出来る 等

女性 90歳代
いつも椅子の生活をしているため、いきなり正座をしようと思っても太ももが突っ張り膝が引っ張られて違和感が有るのが、膝抱えを100回もすると、何の違和感もなく正座が出来て、すごいなと思います。 寝る前にも行いますが、疲れも取れる感じです。

コメント
運動をやられる活発な方ですが、右足を内側に捻じる癖がおありになり、階段の下りる時に時々違和感を訴えられております。 膝のお皿は太ももの真ん中にある筋肉とセットになっているため、正座は非常に有効なストレッチになるのですが、その前段階に膝抱え運動を行っていただくことにより、やはり筋肉が有る程度緩むんですね。 正座は膝痛の方に必要なストレッチになりますが、正座の仕方によっては全く効果が無いばかりか、逆に膝を痛める結果になる事も有りますので、くれぐれも自己判断では行わないでください。 痛みが有る正座は危険です。
また、膝抱えばかりでなく、筋トレの屈伸でしっかりと筋肉も鍛えていただければ、痛みの無い状態が安定してきます、しっかり続けて下さいね。

女性 60歳代
膝抱えを行うと、便秘が解消されました。

コメント 
膝抱えは、簡単で効果の高い運動ですよね。 脚をゆすることにより体幹にも心地よい刺激が伝わり、内臓の方まで動き出すのでしょう。 さらに、筋肉が緩まると、そこから神経も休まるので、副交感神経の働きが活発になり内臓も良く動く様になるからだと思います。 膝抱えを行うと、げっぷが出る、おならが出る、あくびが出て眠たくなる、全て副交感神経の働きのおかげです。
『便秘は万病の元』と言いますが、全くその通りだと思います。 最近若い方に聞くと小・中学生から症状が有ったと聞く事も有ります。
色々な原因が考えられますから、総合的にアドバイスさせていただきます。 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中