お客様の声 7  先天性股関節脱臼 臼蓋形成不全 側弯症  女性50歳代 A様

私は逆子で生まれたのですが、歩きはじめてからも歩行に関してはあまり問題なく過ごせていもあり、又私が生まれたのはとても田舎で近所に病院もなかったので、ちゃんと病院で受診したのは11歳になってからの事でした。
 そしてそこで初めて先天性股関節脱臼だと告げられたそうです。
その後は、ビッコ(跛行)はあったものの普通に生活し、二人の子供にも恵まれました。
しかし、38歳ごろから股関節に痛みが出始めて、歩くのが厳しくなり始めたので整体などに通い痛みを和らげて過ごしておりました。
43歳の時に久しぶりに整形外科を受診しましたが、この時に初めて臼蓋形成不全であることを知りました。

それからもしばらくは整体に通い何とか過ごしてはいましたが、だんだん整体でも痛みがやわらぐことが無くなり、49歳の時に又病院を訪れると、脚の左右差を解消するために補高靴の使用を勧められました。
外では補高靴、室内では補高サンダルを履くと言う生活は初めは歩きやすく良いような気がしたのですが、4年ぐらいたつうちに脚の長短差がだんだん大きくなり、爪が切れなくなり、そしてついに左脚が前に出なくなってしまいましたが、病院では痛み止めが処方されるだけでしたので、ネットで検索して鴨下療法所を訪ねました。
矯正を受けてしばらくすると左の背中に長い事あった痛みが消えているのに気が付きました。
6回目の矯正の時には先生に◎身体がしっかりした ◎左の背中の緊張が取れた ◎メンタルが落ち着いてきた ◎歩行が改善してきた と報告できました。
なかなか、矯正のための体操を自宅で行う習慣が出来ませんでしたが、焦らず取り組み最近は1年前には考えられないぐらい歩きに不安が無くなり長い距離でも歩けるようになりました。
また、将来歩けなくなってしまうのではないかと言うような不安が無くなり精神的にも穏やかに生活が出来るようになり全般的にQOLが高くなったと感じています。
さらに、今まで散々試してダメだったダイエットが、矯正を始めた昨年夏に矯正の体操で3キロ体重を減らすことが出来ましたし、食事のアドバイスなども合わせて最近また少し減量でき喜んでいます。

所見
この方は先天性の股関節脱臼のために、左右の脚にの長さの差が生じてしまい、脊柱に側弯症が有ります。
この側彎により、歩きが脚の長短差以上に出てしまっている状態でした。
ですから、矯正はもちろん歩行の練習を毎回行い、意識的に跛行を解消するテクニックも身につけていただきました。
書いていただきましたように、歩きに不安が無くなり距離が有るけるようになったのは側弯も少し改善したからと思います。
体温も35.6分ぐらいだったのが36.5分ぐらいまで上昇し、精神的にも安定しているというのが非常にいいと感じています。
また、体温が上がると言う事によりお身体の代謝が全体的に向上したために、運動により脂肪がうまく燃焼して体重が減ったのだと思います
矯正の体操等がお忙しいようでなかなか、ご自宅で習慣にならないのが残念ですが、習慣にならなくてこれだけ改善しているのはさらなる伸びしろをかんじています、が、もう少しお取組下さいね。

広告