礒谷(イソガイ)式療法とは?

イソガイ療法はすでに70年の歴史とたくさんの臨床例を持つ根本治療です。

その核心となる発見は・・・

股関節がずれると脚に長短差が生じる⇒脚の長短差が骨盤を傾かせ背骨を湾曲させる

そしてその股関節のずれの治療方法となります。

例えば、肩こりを治そうとする時、肩そのものをもみほぐすなどの治療は原因を無視しているので対処療法と言えます。

せっかく行った整体や鍼灸院で治療を受け、気持ちがよくなったけど1日で元に戻ったなんて経験はありませんか?

これは原因が解決していないからなんです。

しかし、イソガイ療法では股関節を調整することにより、骨盤を水平にし背骨をまっすぐにすることにより体全体を整え肩こりが起こってしまった原因、例えば姿勢の問題から解決するのです。

ちょっとここは専門的になってしまいますが、股関節のずれを治すのにはは太ももの骨をハンドルにして太ももと骨盤をつなぐさまざまな筋肉と靭帯を使い骨盤そのものを動かします。

そして左右の股関節が整うと骨盤が水平になり、脊柱が垂直になるのです。
そもそも股関節には生活の中でどうしても左右に差が生じてしまいやすいのです。

例えば立った時にいつも同じ脚に体重が掛かっている。 椅子に座った時いつも同じ脚を上に組んでいる。
いつも頬杖を同じ側で着く。 スポーツでいつも右投げ、右打ちをしている。 仕事でいつも右から左へ身体を動かす。・・・・などなど
このような事は、すべて股関節の左右差につながっていきます。
そしてその左右差は骨盤から背骨へと連鎖し、筋肉の緊張は骨格の狂い、神経や血管の圧迫、そして内臓の問題と広がっていくのです。

身体の使い方のクセは繰り返し行うことで、特定の筋肉が強くなってしまうというアンバランスが生じ、その筋肉の硬縮が骨を引っ張り骨格そのものが狂ってきてしまうわけです。

礒谷公良先生は生前、桂小金治ショウや11PMなどのテレビにも多数出演し、一世を風靡しました。
およそ70年も前に、股関節、骨盤を矯正する技術を発見、発明し多くの患者さんを救いました。
「難病克服への道」と言う著作は、臨床例集ですが、股関節疾患から小児麻痺、糖尿病、リュウマチ、癌、ヘルニアとたくさんの方々の治癒例が紹介されています。
それらの中の慢性疾患などの治癒を見ると、とても信じられないような事例も多くあります。 そしてそうした好結果は◎血流改善◎体温上昇◎神経の圧迫の解除が根底にあると思われます。
これを、発見者でありこの療法の開発者でもある礒谷公良先生の文章から引用すると「私は、は行(びっこ)や小児麻痺患者の脚の長短の矯正治療を続け、症例を集めるうちに、健康な人でもほとんどの場合、左右の脚の長さが異なり、しかもそのために脊椎が歪み、脊髄神経が障害され、様々な疾病が起こりやすいことを発見した。
そして、ここがさらに重要な点だが、脚の長さの違いは、股関節いおける大腿骨のねじれに原因があるのである。
さらに礒谷療法は、股関節におけるねじれを矯正し、左右の脚の長さをそろえ骨格系に健康な生理的状態を取り戻させることによって、疾病を治療するのはもちろん、疾病をあらかじめ寄せ付けない真の健康体を造るという、予防医学の側面でも、多大の真価を発揮するのである。
私の療法所には、国内はもとより国外からも、持病や虚弱体質に悩む人々が続々来所し、その数は40年間でのべ90万人に達する。 中には、小児麻痺や大腿四頭筋短縮症といった難病の患者もいるが、その多くを完治させ、奇跡の礒谷療法として知られるようになった」
とおっしゃられています。

股関節は人体最大の関節で、その周辺にはやはり大きな筋肉が集まっております。
建物で言えば土台・基礎にあたるこの部分をしっかり整えないで、その上に載っかる、家がいくら良くても、そんな家は長く持ちません。
我々は重力のある地球の上に2本の脚で立って生活するのですから、前後左右のバランスがとても大切なのです。
当院の治療は、この代替療法のパイオニアである、礒谷式力学療法をベースに、股関節から体幹部さらに肩関節を整えることにより、全身調整を行うものです。

広告