推薦のお言葉  甲田先生の推薦 『断食療法の科学』 春秋社刊からの抜粋です。

脱臼ではなく、ほんの少しの(股関節に、筆者注)ズレが有る場合は、本人もそれに気づかず、また専門の医師に診てもらっても、わかりません。
 しかし多少のズレが有るのですから、これに亜脱臼または不全脱臼とか副脱臼と言う名前を付けてもいいのです。 このような、ごく僅かではあるが股関節が正常なはまり具合になっておらない人が、実ははなはだ多いのです。 大体10人のうち、9人までが、厳密に言えば股関節の亜脱臼を起こしているとみて間違いありません。 この股関節の不全脱臼については、礒谷良公先生が長年よく研究してこられました。 そしてこの不全脱臼を治すことによって、脊柱の整正もまた可能になり、したがって、万病が治癒に向かうとい「礒谷式力学療法」を創始しておられます。
 (中略)
 さて、このように脊柱が曲がるかと言うと、骨盤に左右高低差が有れば、その骨盤に直立している脊柱は必然的に傾斜せざるを得ません。しかし、それでは上体は左または右の方に傾いて直立できないのです。 それゆえ、脊柱はその骨盤の傾斜をうまく調整して直立できるように途中で湾曲するわけです。 しかも、脊柱が左右どちらかへ湾曲する場合、骨盤の傾斜の度合いとか、体形いに応じてその人特有の湾曲の仕方を取ります。
 そして、この湾曲と、前後のネジレの一番大きく影響する椎骨が副脱臼を起こしてきます。 その結果、その部分の椎間孔を狭め、脊柱神経を圧迫し、色々の病気の原因になってくるわけです。
(中略)
骨盤を左右正しく揃えておくことを忘れては何にもならないわけです。 ましてや、カイロプラクチックとか指圧整体術などで、脊椎骨の矯正を業としている人が、その狂いがどういう原因で生じたか、そしてその狂いを矯正するにはどうしたらよいかを指導してやるのでなければ、単なる整骨商売になってしまうでしょう。 世間一般には、こういうことが往々ありまして、無知な患者さんが、一年も二年も、整骨医のもとに通っているのを見聞します。
 患者さんを診察して、「あなたは、ここと、ここと、背骨が狂っております。 このまま放置しておいたんでは、いつまでたっても病気は治りませんよ」と説明しながら、パッパッと整体術を施し、「はい。これで元に戻りました」 「そうですか、どうも先生ありがとうございました」と、喜んで気前よくお金を払い、玄関の戸を閉めて、五、六歩歩いたら、今矯正してもらった背骨がまた元に戻ってしまっております。 「では、また明日いらっしゃい」というわけで遠い道のりもいとわず出かけ、昨日と同じように整体術を施してもらいます。 そしてお礼を言って帰るが、やっぱり100メートルと歩かぬうちに、今整復してもらった背骨の狂いが元の木阿弥になってしまっております。 それもそのはず、左右不整になっている骨盤を他人によってではなく、自分で矯正すると言う肝心な方法をおしえてもらわないからです。 だからそのような骨盤で歩いておっては、何べん背骨を矯正してもらっても、また元の木阿弥になってしまうのは当然のことです。 
 だからなんといっても、まず左右不整になっている骨盤を整えると言う事に重点を置くべきであると知っていただきたいのです

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中